ブログ

家ではなかなか勉強できないという人へ

FROM 笠井伸春 909010110 ある新中学3年生とお家の方に来ていただいて、 この大事な1年をどういう体制でいくのがいいのか話しました。 家ではあまり勉強していない、と事前にお聞きしていたので どうやってやる気を引き出そうかと考えていました。 ところが、本人と話をしたところ、 勉強できるようになりたいっていう 気持ちが強いことがわかりました。 やる気がないのではなく、 つまづいて、わからないところが増える 覚え方の要領がわからない(まだ知らない) 点数、順位が低くてイヤになる、逃げたくなる だから、どうせやってもできないんじゃないか、 そういう思考になってしまうんですね。 「勉強やりたくない」 っていう子は何人もみていますが 「勉強できない方がいい」 という子は1人もいません。 どんな子も目の前のことを できるようになりたいという気持ちは 心に持っているんだな、とつくづく思いました。 自宅でできればそれでいいんですが、 家だとついつい違うことに逃げてしまうということ。 自分でも自覚しているようでした。 仕事もそうですよね。 自宅だと仕事モードに入りにくいのと同じ。 なので、 教室で勉強してもらうことになりました。 (個別ゼミ 春期講習) 今、塾・家庭教師の広告が多い時期ですね。 後でわかることですが、 中学の学習内容は少ないので 本気の半年があるなら 中3からでもかなり伸びます。 (半年で100点くらいアップした生徒はゴロゴロいます) ただ、僕がいいたいのは 正しい努力をしましょう、ということ。 気合いと根性でギアチェンジして 参考書と問題集を 覚えて解きまくればまあ伸びます。 でも、僕がやりたいことは あなたのお子さんが 無理なく正しい努力をして成果を出してもらう、 そのサポートです。 歴史の年表とか 方程式の解き方とか 勉強内容自体は 社会に出ても役立たないことも多くあります。 でも、勉強のやり方を身につけると、 高校でも社会に出ても役立ちますから。 やっても結果は今ひとつだと悩んでいませんか? インプットする順番、 本人のレベルに合った課題、 予習のやり方、復習のやり方、 テスト勉強のやり方、 何かがズレていると やっててもよくわからないなあ、とか やっている割には得点できないなあ、とか になってしまいます。 そういう生徒はとても多いです。 「正しい努力」をしてほしいんですが、 その中には戦略があります。 1年計画を立てる場合、 本人の気持ちの面も考えないとうまくいきません。 最後にひとつそのヒントを 得意な単元をつくる 冒頭の中学生の場合、 内容は僕におまかせするということだったので まず1つは得意な単元をつくってあげることにしました。 自信を持てる教科がない感じだったので。 何か参考になれば幸いです。


◆執筆者紹介

スクリーンショット 2016-04-26 12.44.15

笠井伸春
家庭教師のオアシス・個別指導塾オアシス 代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り、「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える、価値の高いスキルなんじゃないか?」と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 「できる」を実体験してもらい、自信と前向きさを身につけてもらうこと
  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと

◆リンク 家庭教師のオアシストップページ(学生講師・プロ家庭教師が選べる) オアシスの個別ゼミ(学習塾) ふくい家庭教師ナビ(家庭教師を自分で探す) 下記の公式LINEアカウントを追加していただくとトークができるようになります。 お問合せ、ご見学、無料体験、入会のご相談などお気軽にどうぞ。 家庭教師・個別指導塾オアシス公式LINE ID: @cim4849p