ブログ

(勉強のやり方)【高校数学】どんどんできるようになる学習方法

FROM 笠井伸春 今日は勉強の方法論についてです。 3年ほど前、 ある学習方法を広めたくて 試しに上げていた動画なんですが、 なぜか再生回数が44,000回を超えて「いいね」も90%以上いただいていました。 【高校数学】どんどんできるようになる学習方法 (僕が解説しています) 時間がない中、数学が苦手だという高校生を 何とか上げたいと方法論を研究していったとき 行きついた一つの学習方法です。 文字だとなかなか伝わりにくいやり方ですが 動画だと伝わる人も多いのかと。 (マンツーマンではできるまでフォローします) 中学数学も同じようにできますよ。 英単語の覚え方もいずれ紹介したいですが 似たようなやり方になります。 予備校の授業を売りにしている先生からは 正攻法ではないと言われるかもしれません。 でも、時間の限られた中で 無駄な時間を省いて学習効果を高めるやり方として もし、僕がもう一度受験するとしたら このやり方で勉強します。 同じ勉強時間でも 数倍の効果になる生徒も多いかと。 学習効果は「質 × 量(時間)」といいますが、 「質 × 繰り返す回数」とも言えますね。 わからない問題を前に 考え込んでいませんか? 考えいるように見えて 意外と考えていなかったりします・・・ 秀才タイプなら 考え込むのが楽しかったりします。 3日間、考えてできた!とか。 それは喜びですね。わかります。 それも大事なことには間違いないです。 ただ、勉強がはかどらないときがある、 問題を前に手が止まってしまって・・・という子には このやり方をおすすめします。 【高校数学】どんどんできるようになる学習方法 もっとできるようになりたい という生徒の参考になればと思います。 笠井伸春 追伸 補足します。このやり方で苦手は克服できますが、 薄い参考書だと答えを覚えてしまう可能性があるのがリスクです。 レベルにあった「チャート式」や 旺文社の「基礎問題精講」など 類題多めのものから完成させましょう。 また、テストで間違えたときは、 何が分かっていないのか?を意識するくせがつけば 8割以上の得点力をつけることも可能です。

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

スクリーンショット 2016-04-26 12.44.15

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること